ライブチャット専門用語に...

TOP
テレフォンセックス総合案内-スマートフォンで出来るテレフォンセックスサイト紹介-

ライブチャット専門用語について

2015年02月07日

ライブチャットノウハウ

ライブチャットでは、ライブチャットでしか使用しない単語がいくつかあります。それをいくつか紹介します。これからライブチャットを利用しようとしている人は、こういった機能もあるんだなと参考にしてください。また、すでに利用している人も知っておけば会話についていけるようになります。

■「サムネイル」
プロフィールにある画像の事です。本来は、親指の爪という意味で、パソコン用語では凝縮された画像です。ライブチャットでは女性の画像となります。


■「覗き」
待機中の女性の部屋を覗く行為です。女性は、あなたに覗かれているのを知りません。そのため、女性の素の姿や気を抜いた姿が見れます。待機中の女性はエッチな衣服を着ている事も多く、胸チラやパンチラが見れるかもしれません。


■「多窓」
別窓とも言います。チャットの部屋に複数の入室をしている状態です。ライブチャットでは、一つのチャットに参加していても女性がなかなかアダルトな行為をするとは限りません。そのため、まだ女性が脱がない前は別のチャットに参加する事ができます。パソコンやスマホで別のタブを開くのと似ているため、多窓や別窓といいます。


■「双方向」
女性も男性もウェブカメラを使ってチャットする事を言います。女性は男性の顔が見れるため、男性は顔を覚えてもらう事ができます。また、男女で裸を見せあってアダルトな行為をする事で会話だけのテレフォンセックスよりも興奮します。


■「地雷」
なんとなく想像がつくかもしれませんが、あまり良くなかった女性の事です。なかなか脱がない女性やあまりタイプじゃなかった女性、期待と違った女性などです。そういった女性とチャットしてしまった時は「地雷を踏んだ。」と言います。


■「業者」
風俗店の女性が宣伝のためにライブチャットを利用している事があり、そいった女性は業者と呼びます。玄人なのでテレフォンセックスは得意かもしれませんが、リアルアポイントとなると風俗店を利用するお誘いになります。


■「待機中」
ライブチャットにログインすると、女性が待機中となります。これは、女性がログインして男性からの会話を待っている状態です。待機中の女性は誰とも会話していない状態です。そのため、パーティーチャットに持ち込めばあなたが会話の主導権を握れます。また、ツーショットチャットにも誘えます。


■「パーティーチャット」
これは、複数の人が会話に参加できるチャットです。あなた以外の男性が、女性と同じ部屋でわいわいと会話します。女性がアダルトな行為をしているのを、観衆として見る事もできます。ツーショットチャットに比べると安い料金で利用できますが、女性と二人でアダルトな行為はできません。


■「ツーショットチャット」
パーティーチャットが複数なのに対して、ツーショットだと女性と部屋に二人きりの状態で会話します。これを申し込みすれば他の男性は入室ができないため、女性はあなただけのものです。そのため、女性と二人でテレフォンセックスをするのも可能です。女性を一人じめするので、パーティーチャットに比べると料金は高いです。
「即脱ぎ」これは、女性がチャットを初めてすぐに衣服を脱ぐ行為です。チャットは女性によって脱ぐまで時間がかかる人もいます。プロフィールで女性が「即脱ぎオッケー」と書いてあれば、すぐに女性の裸が見れます。


■「HN」
ハンドルネームの略です。本名に対して、ライブチャットのあだ名となります。あだ名は、短くて呼びやすいものの方が女性から覚えてもらえます。
こういったライブチャット専門用語は、初心者でも知っておいた方がいいです。サイト内で表記されていたり、普通に会話であがってきます。


■「ちん客」
ウェブカメラでいきなり男性の性器をアップで露出してくる男性の事です。「今日はちん客で気持ち悪かった。」のように使います。


■「太客」
長時間のチャットを利用してくれたりしてたくさんのお金を払ってくれるお客さんの事です。ちん客は男性会員をバカにしたような専門用語ですが、太客は褒める時に利用します。


■「キック」
チャットの部屋に入室している男女会員を部屋から追い出す機能です。あまり利用する女性はいませんが、不快な男性でもう話をしたくない時に利用できます。
「バン」キックした男性で、二度と話をしたくない人をチャットの部屋から永久追放する機能です。本来は禁止という英語です。こちらも、あまり利用する女性はいませんが、どうしても気持ち悪い男性や危険だなと思わせてしまった場合は使われます。。


如何でしたか?
ライブチャットを利用する前に、専門用語を覚えておくことでスムーズにサイトを利用出来ますよ☆

インフォメーション