ライブチャットでかなり疑...

TOP
テレフォンセックス総合案内-スマートフォンで出来るテレフォンセックスサイト紹介-

ライブチャットでかなり疑問となる犯罪適応に関して

2015年05月23日

ライブチャットノウハウ

ライブチャットを利用している人の多くはいろんな疑問が出てしまいます。
一番多くそして大きな疑問になってくるのが、そもそも大事な部分をモザイクなしで見せても大丈夫なのかどうかです。
日本では法律がかなり厳しくて、胸なら良いけれども大事な部分を公開して見せることは禁止されています。

エッチなビデオなどではモザイクをかけるようにして直接見えないようにしているので、これは大丈夫になります。
しかしライブチャットになると、モザイクは一切なく大事な部分を見ることが可能になっています。
もちろん2人だけでするエッチではなくて、会員登録をしてのぞきすることによって見れてしまいますので、公開されているのと同様です。

普通なら犯罪になってしまう行為なのですが、しかし実際に見せていてもなかなか捕まらないですし、そのままの状態になっていることが多いです。
なぜ捕まらないのかなのですが、これには大きな理由があります。
それは日本の法律に適応されないからで、日本の解釈によって犯罪なのかどうかを判断できないからです。

日本で犯罪を犯しているのならこれは当然日本の法律によって裁くことが可能としています。
しかしネットの場合は違っていて、例えば日本にいても観覧できるとしていても、サイトや運営会社が日本ではなく海外なら日本の法律ではなく所在している国の法律が適応されるようになります。
ライブチャットの運営会社やサイトの拠点が日本ではなくて海外になります。

そのため海外で配信されている物を日本で見ているという解釈になってしまうので、実際に犯罪ではないのかと感じることも日本の犯罪として今は適応されていないのでライブチャットが普通に存在しています。
ただし、もしサイトの拠点だったり運営会社が日本に存在していると、犯罪適応とされて処罰されてしまいます。

ですので女性側で利用して大事な部分を見せようとしているのなら、本当に大丈夫としているサイトそして会社を選ぶ必要がありますので覚えておきましょう。

また、重要な事項があります。

モロ出しOKと思える海外サイトであっても、配信自体を日本国で行う場合は違法です。はい。逮捕されます。
仮に今まで出していて逮捕されていない!!という人でも、安心してください。時間の問題で逮捕されますので、充分に気を付けてください。

日本国内からのモロ配信は違法となります。

インフォメーション